2018年10月

女性ホルモンバランスの乱れででる症状

2018年10月22日

女性ホルモンバランスの乱れででる症状




ホルモンと聞くと、なかなか分かりにくいイメージがありますが、体の中で生成させる物質で、体内の中を調整したりコントロールする働きがあります。
女性の身体には、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンを持っており、月経の周期を管理したり調整するための物質です。これらはホルモンバランスに大きく影響しており、卵巣で生成されます。2つの分泌をコントロールするのが、脳内の視床下部と下垂体でここから卵巣にホルモンを出すように指令がいくと、卵胞からホルモンが出る仕組みとなっています。

女性ホルモンのバランスが良い女性


女性ホルモンとは?




「エストロゲン」は、整理後から排卵前までに分泌されて、卵巣内の卵胞を発育させて排卵を抑制させたり、子宮内膜を厚くする働きがあります。

「プロゲステロン」は、排卵後から生理までの間に分泌されるホルモンで、受精卵が着床しやすくしたり、妊娠を維持ししやすいように体温を挙げたりする働きを持っています。

これら2つの女性ホルモンがうまく機能しない場合に、ホルモンバランスの乱れが発生します。

双方のホルモンの分泌量が正しく分泌されなかったり、増加しなければいけない時期に減少したりする状態となってしまいます。


女性ホルモンバランスが乱れた女性

女性ホルモンバランスの乱れで出る症状



ホルモンバランスが乱れると、様々な不快な症状が現れてきます。正常な月経周期とならずに、周期が長かったり、短くなったりします。
また、月経量が多い・少ないなどの異常な状態となります。

これらの状態が続くと、排卵がうまく起こらなくなってしまい、不妊の原因にも繋がってしまいます。又、異常な分泌量により強い月経痛や不正出血などを引き起こすこともあります。

その他、肉体的や精神的な不快な症状も現れます。ホルモンバランスの変化によって、頭痛や腰痛、便秘などの症状、イライラや不定愁訴、やる気の低下、自律神経失調症などの症状が起こります。


女性ホルモンのバランスを整える食べ物

そのほか、加齢によるエストロゲンの分泌の減少によって、のぼせやめまい、動機や発汗などという更年期障害の症状も現れてきます。

ホルモンバランスの乱れの原因には様々な理由が考えられます。脳の視床下部はストレスに弱いので、過度なストレスがかかると指令がうまく伝わらずに、卵巣から正常に分泌されなくなるのです。



レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違い

2018年10月10日
レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違い

脱毛法の種類と違いを知りたい方へ



美容クリニックやエステサロンなどでの脱毛を考えるとき、どの脱毛方法にするか選ぶ必要があります。特にメインとなって行われるレーザー脱毛とフラッシュ脱毛では、施術される場所も異なりますので、カウンセリングを申し込む前に、しっかりと比較検討しておきたいですよね。この記事では、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いについて、まとめています。




脱毛サロンの検索はこちらから



フラッシュ脱毛はエステでできる


レーザー脱毛とフラッシュ脱毛が受けられる場所の違いレーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いは、まず、施術が行われる場所です。レーザー脱毛は医療行為なのでクリニックでしかできませんが、フラッシュ脱毛は医療行為ではないので、エステサロンでできます。
また、フラッシュ脱毛は広範囲で脱毛を促すことができますが、レーザー脱毛の場合は、一部分の脱毛しかできません。

脱毛効果とスピードの違いこれだけ聞くと光脱毛の方が早く脱毛できそうですが、フラッシュ脱毛はレーザー脱毛よりも光の出力が弱いため、脱毛できるまで1年から2年ほどかかってしまいます。
そのかわり、光の出力が弱いため、肌への影響や痛みを感じることなく施術できるのがフラッシュ脱毛のメリットです。




レーザー脱毛は美容クリニックで



一方、レーザー脱毛の場合は、光の出力が強く、5回から6回ほど美容クリニックに通うと脱毛できるのですが、痛みや肌への影響があったりします。
痛みの感じ方の違いレーザー脱毛は日焼けをしている人は、医師から断られる可能性があったりします。
理由は、レーザー脱毛の強い光を当ててしまうと火傷をしてしまう可能性があるそうです。

あと、光脱毛と違い、光が強い分、痛みを感じます。痛みの感じかたは人それぞれで、痛みを感じない人もいますし、チクチクヒリヒリした痛みを感じる人もいます。しかし、激痛で耐えることができないというほどの痛みではないです。




フラッシュ脱毛よりレーザー脱毛は価格も違う



値段の違いもあります。フラッシュ脱毛よりレーザー脱毛の方が若干ですが、高めの設定にされています。どちらも家庭脱毛器という選択もレーザー脱毛もフラッシュ脱毛も家庭でできる機具も販売されていますので、時間やお金があまりないという人にはこっちの方が自分のペースで脱毛ができるのでいいかもしれません。

ほうれい線を解消する方法

2018年10月07日

「最近老けた?」
「なんだか前よりも顔が疲れているね」

周囲からこんな言葉をかけられたときは、ほうれい線ができている証拠でしょう。
頬から下に向かって伸びるシワは、見た目年齢を5歳〜10歳ほど老けさせてしまいます。

実は、このほうれい線を解消する方法があるのです。

エクササイズをしても効果が出なかった女性も、シワの根本改善を見込めるのでおすすめです。

今回は、ほうれい線を解消する方法について解説します。




ほうれい線は「肌のハリ」を取り戻して解消しよう



頬の両脇にできるほうれい線以外でも、額や目元などのあらゆる部分にシワができていませんか?

その原因は、肌のハリが失われているからです。

間違ったスキンケア、もしくは加齢や紫外線ダメージにより、弾力が低下している女性は要注意。

原因を放置したまま対策をとらないと、ほうれい線(シワ)はさらに深くなります。
基礎化粧品を見直し、年齢肌に負けないようにしましょう。




肌のハリをアップしてほうれい線の解消に効果的な化粧品とは



皮膚を健やかに保つために、ハリを取り戻すことは絶対条件といえます。
では具体的に、どのような化粧品でケアするのが望ましいのでしょうか?

まず、肌のハリを強化する「アルガン幹細胞」や「ヒアルロン酸」などの成分を含む化粧品がほうれい線ケアに効果的です。

また、深いシワを改善するにあたって、「コラーゲン」の摂取も欠かせません。
この成分は、人の体を構成するタンパク質のうち、約3割程度を占めます。

若いうちはコラーゲンの生成が容易くても、年齢を重ねるにつれてその割合が減っていくようになるので、基礎化粧品で補うことが大切なのです。




睡眠と食事を見直してほうれい線ケアを目指すことも忘れずに!



基礎化粧品でほうれい線ケアをするだけでなく、良質な睡眠と食事を摂ることも忘れてはいけません。

寝不足や偏食が続くと、外部から摂取した栄養素が届きにくくなり、思うような美肌効果が得られなくなります。

特に、加齢が原因で増えるほうれい線の場合、規則正しい生活習慣を心がけ、体の内側から肌のハリを強化することが重要です。

日頃のスキンケアでほうれい線を解消するためには、基礎化粧品と生活習慣の見直しという2つの方法が効果的といえます。

プロフィール
管理者:「しわ」も「たるみ」も大嫌い!

エイジングケア
しわ取り
<< 2018年 10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
リンク集