ほうれい線を解消する方法

2018年10月07日

「最近老けた?」
「なんだか前よりも顔が疲れているね」

周囲からこんな言葉をかけられたときは、ほうれい線ができている証拠でしょう。
頬から下に向かって伸びるシワは、見た目年齢を5歳〜10歳ほど老けさせてしまいます。

実は、このほうれい線を解消する方法があるのです。

エクササイズをしても効果が出なかった女性も、シワの根本改善を見込めるのでおすすめです。

今回は、ほうれい線を解消する方法について解説します。




ほうれい線は「肌のハリ」を取り戻して解消しよう



頬の両脇にできるほうれい線以外でも、額や目元などのあらゆる部分にシワができていませんか?

その原因は、肌のハリが失われているからです。

間違ったスキンケア、もしくは加齢や紫外線ダメージにより、弾力が低下している女性は要注意。

原因を放置したまま対策をとらないと、ほうれい線(シワ)はさらに深くなります。
基礎化粧品を見直し、年齢肌に負けないようにしましょう。




肌のハリをアップしてほうれい線の解消に効果的な化粧品とは



皮膚を健やかに保つために、ハリを取り戻すことは絶対条件といえます。
では具体的に、どのような化粧品でケアするのが望ましいのでしょうか?

まず、肌のハリを強化する「アルガン幹細胞」や「ヒアルロン酸」などの成分を含む化粧品がほうれい線ケアに効果的です。

また、深いシワを改善するにあたって、「コラーゲン」の摂取も欠かせません。
この成分は、人の体を構成するタンパク質のうち、約3割程度を占めます。

若いうちはコラーゲンの生成が容易くても、年齢を重ねるにつれてその割合が減っていくようになるので、基礎化粧品で補うことが大切なのです。




睡眠と食事を見直してほうれい線ケアを目指すことも忘れずに!



基礎化粧品でほうれい線ケアをするだけでなく、良質な睡眠と食事を摂ることも忘れてはいけません。

寝不足や偏食が続くと、外部から摂取した栄養素が届きにくくなり、思うような美肌効果が得られなくなります。

特に、加齢が原因で増えるほうれい線の場合、規則正しい生活習慣を心がけ、体の内側から肌のハリを強化することが重要です。

日頃のスキンケアでほうれい線を解消するためには、基礎化粧品と生活習慣の見直しという2つの方法が効果的といえます。

便秘の放置は腸の病気や肌荒れのもと

2018年09月25日
からだのなかで一番病気の種類が多いのは、どこだと思いますか?
実は、「大腸」なんです。

私たちの健康や見た目の若さは腸年齢がカギを握っています。

腸内にすむ細菌(善玉菌、悪玉菌、日和見菌)のバランスがうまく保たれていると、腸内環境もバランスよく健康に保たれますが、このバランスが崩れると、便秘をはじめ、さまざまな腸の病気が引き起こされることになります。便秘が続くとおなかが張ってくるので、膨満感や痛みで苦しい思いをするだけでなく、おならをすると腐敗臭がするようになります。

また便秘の原因は、腸内環境のバランスが悪くなること以外にストレス、食生活の乱れなどもあることが分かっています。

便秘が続いていると、CMなんかで宣伝している市販の便秘薬を買って飲みますよね。これでおなかもスッキリしますが、根本的な解決にはなっていません。

便秘が続くからといって、ずっと市販の便秘薬を飲んでいると、そのうち、腸自体が「自分が動かなくても、便が出ていく」ことを覚えて、動きが鈍くなっていきます。で、どんどん便秘が悪化していくという、「悪のスパイラル」に陥ります。

悪のスパイラルにならないためには、きちんとお医者さんで診てもらうのが一番です。

でも、便秘で何科を受診すればいいのか迷いますよね。
内科や消化器内科、消化器外科、胃腸科、大腸肛門科などを受診すればよいですし、外科でも診てくれる場合もあります。
そのほかに、予約制のところが多いですが、「便秘外来」といった専門外来もあります。

便秘などおなかの病気を診てくれる病院や開業医さんを見つけることができる検索サイトもありますから、自宅や職場の近くにないか探してみて、一度受診してみてはいかがでしょう。

そして、便秘の人って、肌荒れの人が多いですよね。当然、腸内細菌が悪い方に傾いているので、お肌にまで影響がでてくるんです。お肌が荒れていると化粧ノリも悪くなるし、気分も憂鬱になってしまいますよね。

ぜひ、便秘に悩まされている人は、快便・美肌のために一度、自分の生活習慣を見直してみてください。

市販薬では便秘が治らないようでしたら、とにかく一度、病院に行って相談してみてくださいね。

ダイエットでふくらはぎが痩せるのは難しい理由

2018年09月20日
ダイエットでふくらはぎが痩せるのは難しい理由

正しくダイエットを行うことは、エイジングケアにとっても良いことです。
美しいボディや皮膚は美肌の源です。

しかし、ダイエットに頑張って取り組み食事制限や運動をしても、ふくらはぎだけ痩せない事があります。
ふくらはぎが太い原因が皮下脂肪だった場合は、体を動かして脂肪を燃焼させることで、ふくらはぎダイエットが可能です。





でも、きつい運動を頑張りすぎると、脂肪が少なくなると共に、ふくらはぎに筋肉がついてごつくなってしまうことがあります。そうなると、運動効果で体脂肪を減らすことができたとしても、代わりに筋肉がついて体重が増加したりふくらはぎが太くなるという可能性もあります。

このように頑張ってダイエットをしていたのに、効果に乏しいということもあるようです。

手軽にできるふくらはぎダイエットに、ちょっと段差があるところで、つま先立ちで往復運動をする方法があります。
また、リンパマッサージでリンパの流れを改善させ、水分や脂肪の排出を促すのも、ふくらはぎが痩せるためには効果があります。

セルライトや脂肪を指の腹を使ってもみほぐしていき、リンパの流れに合わせて下から上へとそっとマッサージをします。
ふくらはぎに圧力をかけ続けることでマッサージ効果を与える靴下も売り出されています。むくみや、脂肪がついているためにふくらはぎが太く見える場合は、ダイエット自体は容易です。

脂肪ではなく、筋肉がふくらはぎの太さの原因になっている人は、自宅でのケアではそう簡単には細くなりません。
美容クリニックの痩身施術など、プロの技術を持つひとに美容施術を受けるほうが、ふくらはぎのダイエット効果を得ることができます。

アンチエイジングやエイジングケアにたにもふくらはぎを細くしたいですね。

若返りのしわの美容整形

2018年08月06日
若返りのしわの美容整形で失敗しない方法をご紹介します。

シワを取る若返りの整形手術は、年をとってもいつまでも若くありたいという人間の恒久的な願いの結晶ではないでしょうか。

整形に対するイメージも変化してきており、昔に比べて随分と気軽に整形できるようになってきています。印象の話だけでなく、整形の技術も進歩しています。
費用やリスクを低く抑えられるようになって、気楽に整形が利用できるようになっています。
しわなどに対して、整形方法によっては、若返りのための手術を受けた際の失敗によって、致命的な後遺症を負ってしまうケースもありました。特にこうした後遺症で問題となっていたのは、メスを使ってのしわの整形手術によるものでした。

整形手術によって若返りをはかる利点は、手術の直後から効果が得られることや、大幅な変化が期待できることでした。手術失敗のリスクが大きく、回復の可能性が低いことが大きな弱点でした。

そうしたリスクを覚悟のうえで受けるのであればいいのですが、実際、そこまでの強い気持ちで若返り整形を受けようと考えている方は少数でしょう。

そのため、近年では、メスを使わずに、低リスクで受けられる若返りのしわ整形手術が注目を浴びています。メスを使用しない整形方法とは、注射を使用してヒアルロン酸を注入したり、レーザー光線によって、しわやしみなどを消すといった方法です。

今ではメスを使用しないより安全な整形方法が主になってきており、メスを使った手術に比べると効果の持続期間が短いものの、万が一、失敗をしても元に戻すことが出来るので安心といえます。

メスを使わない整形手術は、若返りの手術を受けたいけれどトラブルは避けたいと思っている人向けです。

健康と美容効果の高いレシチンとサプリメント

2018年08月05日
健康と美容効果の高いレシチンとサプリメントについて紹介します。

最近注目されている成分の一つにレシチンがあります。
その健康や美肌、アンチエイジングへの期待から数あるサプリメント商品の中でも人気となっています。

体内で新しい細胞をつくる時に重要な役割を担っているレシチンは、体の各部にある細胞膜に存在しています。体内にレシチンがあることで、人の体は色々なところへと栄養成分を届けているといいます。これが美肌やエイジングケア効果、アンチエイジング効果をもたらします。
だから、しわやたるみの予防も期待できるのです。

本来水と油は混じり合うことはありませんが、レシチンにはこの水と油を混ぜ合わせて、乳化する働きを持っています。

動脈硬化の原因となる血管のコレステロールを取り除いたり、体内に留まっている不要な物質を追い出すことが、レシチンはできるといいます。ドロドロの血液をサラサラにすることができるため、レシチンは動脈硬化や心筋梗塞を未然に防いだり、生活習慣病の対策にもなるといいます。血液がキレイになるともちろん美肌もキープできます。

これらの理由から、レシチンが配合されたサプリメントが人気商品となっていることも容易に理解ができます。
しわやたるみの予防に使ってみましょう。

しかし、サプリメントは食品の一種であり、薬ではないので、病院が出す薬のようにすぐに効果が現れるということはありません。また、急に病気が治るわけではありません。

多くの人が、いつまでも美肌や健康であるためにと、レシチンのサプリメントを使っています。レシチンには女性には嬉しい美肌効果も期待でき、血行促進作用によって肌の機能が高まります。にきびや、肌の化膿などの問題も、レシチンで対策を立てることができます。
つまり、食べるエイジングケアにもなるのです。

レシチンは、卵の黄身や、大豆からも摂取することができますが、それだけでは不足しているという場合は、サプリメントを利用してください。

あなたのしわやたるみが少しでも改善されるといいですね。



< 1 2 3 4 >
プロフィール
管理者:「しわ」も「たるみ」も大嫌い!

エイジングケア
しわ取り
2018年 11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
リンク集